気になる人ができて

毎日のようにネットの世界でいろんな人とやりとりをしていると、その中の何人かと特別に仲良くなるものです。ログインしている時間がいつも近い人とは会話をする頻度も高くなりますので、たくさんの人がいるSNSの中でもある程度のグループが形成されるのです。

私は、広くさまざまな人とやりとりをしていましたが、中でも特に親しく、仲の良い仲間だけでグループを作り、そこで会話を楽しむことも多くなりました。

そうなると、さらに関係は深いものとなって行きます。そんな中で、私はいつの間にか一人の女性に魅かれるようになっていました。 彼女は私よりもずっと年下の20代半ばでしたが、いつも私がアップした写真やコメントに真っ先に返信をくれました。

もちろん、私はネットの世界で女性との出会いを求めていたわけではありません。もう何年も恋愛からは遠のいているうちに、年齢をただ重ねてきましたので、いつの間にか諦めてしまっていたのかもしれません。

ネットで恋愛なんて…と思っていたのに

ましてネットで恋愛なんて考えることもできませんでした。相手がどこで暮らしているのかもわかりませんし、顔だってわかりません。 そもそも、実際に会うことのできない人と恋愛なんてできないと思っていました。

私にとって、ネット上で付き合っている人たちは、どこか現実感がなく実態のない存在のように感じられていました。 ですので、そんな世界で恋愛をすることにイマイチ現実感がなかったのです。

そう考えている一方で、その女性にどんどん惹かれている自分に気づきました。 彼女は私がそんな風に考えていることを知ってか知らずか、いつも私の投稿した写真やコメントに対してレスをくれました。「いいね」を毎回押してくれる人は少なくありませんが、毎回必ずレスをくれて、会話をできる人はそれほど多くはありません。

こうして会話を重ねてゆくうちに、ダイレクトメッセージを利用して二人だけで会話をすることも多くなりました。 会話の内容はたわいのないもので、時々彼女の仕事での悩みを聞くこともありました。話を聞くと、どうやら私と同じ業種の会社にいるようでしたので、自分で言うのもすこしおかしな話かもしれませんが、的確にアドバイスができていたと思います。

このように、ネット上でアドバイスをすることは、仕事にも良い影響をもたらしてくれるようになりました。 私には数人の部下がいました。中には若い女性もいて、正直その扱いに困ってしまうこともありました。あまり厳しく接すると、嫌われてしまい、仕事が円滑に進まなくなってしまいます。その一方であまり甘くしてしまうと下心があると勘違いされてしまうかもしれません。場合によってセクハラになってしまう可能性だってあります。 なので、特に女性の部下との付き合いには頭を悩ませていました。

しかし、SNSで彼女にアドバイスしているうちに、女性の部下の考えていることがなんとなくわかってきたような気がして、次第に職場でも自分に自信を持てるようになってきたのです。

彼女の存在は私にとって、本当に良い影響を与えてくれました。しかし、あくまでネット上の付き合いで、それ以上発展することなんてない、と考えていました。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.