軽い気持ちではじめたSNS

私がSNSをはじめたきっかけは、新しいスマホを購入し、それと同時に何かをはじめたいと考えたからです。この数年は仕事がとにかく忙しく、仲の良かった友人とも疎遠になってしまい、恋愛にもまるで縁がありませんでした。なので、誰かと話をしたい、誰かと繋がりたい、そんな思いからSNSのアプリをダウンロードしました。

学生の頃はmixiなどを使用していましたが、社会人になってからはまったくネットでのコミュニケーションとは無縁になっていました。

いざアプリをダウンロードしてみると、かつて私が使用していた頃とは随分とシステムも変わっていて、慣れるまでは少し戸惑ってしまうこともありましたが、プロフィールをある程度充実させて、気になる人に友達申請などをしているうちに、操作にもなれてきました。

私のちょっとした楽しみ

前述の通り、この数年は友達付き合いのできるような友人もいませんでした。もちろん、恋人候補になりそうな女性もいませんでしたので、とても寂しい毎日を送っていました。これといった趣味もありません。お酒は飲めないわけではありませんが、それほど好きでもありませんので、仕事の付き合いで飲みに行く程度です。

なので、仕事が忙しいとはいえ、かなり時間を持て余していました。

そんな時間をSNSに充てるようになってから、私は少しだけ毎日が楽しくなってきました。大した話をするわけではありません。朝起きて「おはよう」と入力するとそれに対して誰かが「おはよう」とレスしてくれます。仕事を終えて帰宅し「ただいま」と入力すると「おかえり」「お疲れ様」とレスがつきます。

大したことではありませんが、実家を出て一人暮らしをはじめてから、そんなやりとりをしたのははじめてでした。

なので、それだけで私の生活はかなり充実したものになった気がしました。

それから、私はますますSNSにのめりこんで行きました。最初はスマホだけで楽しんでいたのですが、自宅にいる時はより効率的に楽しめるようにパソコンを使用しました。

私がこれまで家で使用していたのはタワー型のデスクトップパソコンだったのですが、食卓などにもパソコンを置けたらもっとSNSを楽しめると思い、思い切って小型のウルトラブックを購入しました。たかがSNSをするためのパソコンにしてはかなりハイスペックなものですが、おかげでより快適にネットでのコミュニケーションを楽しめるようになりました。

そのうち、どんどん私はSNSを楽しむための環境を整えたいと感じるようになりました。外出中もスマホだけでは物足りなく感じてしまい、ついには小型のタブレットと専用のキーボードまで購入してしまいました。

さらに、SNSに投稿する写真をできるだけきれいなものにしたいと思い、ミラーレス一眼レフカメラを購入してしまったほどです。

このようにして、私はSNSによって孤独な生活から解放され、徐々にその世界に深くハマって行くことになりました。

もちろん、最初はここで恋人を探そうなんて考えてもいませんでした。ただ、ここでいろんな人とコミュニケーションをとることが楽しかったのです。

ですが、こうしてハマって行くとそこで出会った人との関係はどんどん深くなって行きます。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.