女が思わず「イイネ」と言ってしまう男のバッグ選びのコツ

バッグひとつとってもモテる人とそうでない人とではかなりの差がでます。男はプライベートの時になるとカバンなんて持たずに手ぶらで出歩くのが普通です。別にそれはそれで女性も構わないと思っていますが、あるタイミングでは「イラッ」としてしまうのだそうです。なぜ彼女たちがイラついてしまったのか、女ウケの良いバッグとはどういうものなのか見て行きましょう。

バッグを持たない男は好まれない?

バッグを持つか持たないか、男は両極端に分かれます。そもそも持ち歩くものといえば財布に携帯くらいなものですし、スボンやジャケットのポケットに入れておけばいいや…くらいに思っている人が多いのでしょう。

一方で女性はほとんどがバッグを持つ傾向にあります。財布やスマホに加えて化粧ポーチを始めとした小物がたくさんあるからです。とてもバッグに入れることなんてできませんし、そもそもポケットに荷物を突っ込むという考え方自体がないと言っても過言ではありません。

男女にはそういった違いがありますが、バッグを持たない男のことを女はどう思っているのでしょうか?基本的には別になんとも思わないのですが、たとえばデートの時など二人で一緒に出かける際に「これ持っててくれる」「バッグに入れといて」と頼んでくることにはイラッとしています。「私は荷物持ちじゃない!」と思ってしまうんですね。男からしたら何の気なしに頼んでいるだけなんですが、女からするとちょっとだけ頭にくることのようです。そうした瞬間に、「男もバッグを持てばいいのに」と思っています。

女視点から好まれやすいバッグとは?

では男が持っていたら「オシャレだな」と女が思うバッグとはどのようなものなのでしょうか?仕事の時のビジネスバッグについては「感性が違うから」「なんでもいいのでは」「荷物が入るものを」くらいにしか考えていません。ですから、仕事用のバッグは別にそれほど意識しなくても良いでしょう。

ではプラベート用のアイテムはどうなのでしょうか。旅行に行くわけでもないのにデカいカバンを持ち歩く…さすがにそれは「ダサい」と女は思います。実際に彼女たちが持ち歩くバッグをみてみると、荷物が多い割にはコンパクトなサイズのものが多いです。これは、小さくまとまっている方が可愛らしい、センスがあると考えているからです。男が持つバッグに対しても実は同じようなことを思っています。出来る限り小さい、必要がない限りはコンパクトにすべき、と考えているんですね。

そうなると、女視点からは男のバッグはボディバッグやメッセンジャータイプのものが良いと言えそうです。

バッグ選びは実用性と質を重視すべし!

では実際にバッグを選ぶ際の基準も考えてみましょう。形としては上記の通り、ボディバッグやメッセンジャータイプが良いでしょう。デザインは人それぞれセンスがあるので難しいところですが、あまり個性的な色味などはヤメテおいたほうが無難です。黒やグレーなどであればどこに行くにも対応できますので良いでしょう。

こうしてみると、基本的には無難なものが女ウケする、というか及第点となるバッグと言えそうです。ここからさらに差をつけていくにはどうしたらいいのか、それは実用性や質感でしょう。女性は色やデザインについては無難な方が良いと思っていますが、「好きな人には良いものを持ってもらいたい」という気持もあります。露店で適当に買った個性的な安いバッグよりも、高級感があって質感の良いシンプルなアイテムの方を好むのです。実際に後者の方が使用感も良いですし、男の側としてもメリットがあります。バッグを選ぶ際には実用性や質にこだわるようにしましょう。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.