モテる男の特徴を知れば女心をつかむのは余裕!

出会ったからには女性から好かれたい!それならば女が好む男になることが必要です。実はちょっとしたコツさえ抑えてしまえば、女心をつかむことは難しくありません。モテる人が持っている特徴を学んで出会いに活かしましょう!

気配りは出会う前から伝わるもの

どんな女の子でも「気を使ってくれている」人に対して好感を持ちます。そもそも、女性というのは何歳になってもお姫様気質が抜けないものですから、優しくされると気分が良くなるんですね。良く、恋愛指南本とかで「レディーファーストが大切」と言われます。効果の程は個人差もありますが、いずれにしても気遣いが出来る人は好かれやすいことは事実です。

また、気配りというのは会っていなくてもできるという点が特徴といえます。たとえば、出会い系サイトで知り合ってメールのやりとりをしている段階でも、言葉の端々に「心配り」があると良いでしょう。「そろそろ遅いし、俺なんか相手にしてないで寝てもいいよ」「明日の会議、頑張ってね。協力できることがあればいつでもするからね」些細な気配りではありますが、こういうものに女性は心がキュンとしてしまうものなんです。

会う前の段階から意識的にちょとした心遣いや気配りをしていきましょう。

肩書きってやっぱり必要ですか?

出会い系や交際クラブは男女の出会いの場としてはやや特殊です。まったく見ず知らずの相手とネットや人を介して知り合い、交際していくのですから通常の恋愛とはまた違いますよね。実際に対面するまではお互いに相手がどんな人なのかなぁと想像します。

そうした特殊な出会いの環境であるために、魅力ある肩書きというのはかなり効力を発揮します。たとえば、デザイナーであるならば「オシャレな人かな」「センスが良さそう」とイメージすることでしょう。会社で役職についていれば「収入がありそう」「責任感が強そう」と想像するはずです。

こうしたプラスに働く肩書きは隠すこと無く、それでいて自慢ではなく自然に伝えられるといいですね。別に女性は男性の職業と交際をするわけではありませんが、ステータスはマイナスよりもプラスの方が良いに決まっています。あなたの一つの魅力として肩書きを利用することは特殊な出会いの場であるからこそ有効に働くと覚えておきましょう。

空気が読めてコミュ力がある人はモテモテ

自慢できる肩書きがない、気配りもどうしたらいいかわからない…女性に慣れていない場合はそういうこともあるでしょう。しかしご安心ください、それでも女性から好意を寄せられる男になることはできます。

良く「男は見た目よりも中身」と言われますよね。もちろん外見だって大切なんですが、女性というのは何よりもコミュニケーションを大切にしています。面白い会話ができたり、知性を感じさせる話題ができたり、愚痴を聞いてくれたり…そういうコミュ力のある男性に強く惹かれるものなんです。

ここで忘れてはいけないのが、「自分のことばかり話してしまう」というのはNGだということ。コミュニケーションが大切だからといって、あなたがベラベラと一方的に喋ったとしたら…女性は「この人は空気が読めない人なんだな」と呆れてしまいます。 明るくて元気があって面白い話題を振れる、それも大切なことではあります。しかしもっと大切なのは場の空気を読んで会話のキャッチボールができるということです。それを踏まえて、コミュ力を鍛えていきましょう。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.