割り切りセックスで必要なのは計画性と適度なウソである

出会い系や交際クラブを利用する際には、予め「どこまでお付き合いするか」を計画しておくべきです。ある程度線引きをしておけば、いざ本命の彼女ができた時にとても役に立ちます。逆に境界を曖昧にしてしまうと不都合なことが起きてしまうものです。特に女性は一度体を重ねると「彼女面」をしてきます。こうなってしまうと後には引けなくなってしまうので良くありません。

割り切った関係を築くために必要な考え方や具体的なコツをご紹介いたします。

住所を教えるのは危険かもしれない?

割り切った関係を目指すのであれば、基本的には相手の女性に住所を教えてはいけません。なぜなら、家を知ってしまうと彼女面した女性は平気で「ご飯作りに来たよ」「終電なくなったから泊めて」と突然、来襲してくるからです。

別にフリーな状態であればいいですが、妻や本命彼女がすでにいる場合、他の女性と会っている場合…そんな時に割り込まれたらたまったものではありませんよね。楽しい時間が修羅場へと大変身してしまいます。

割り切った関係で楽しむと決めた以上は、下手に住所を教えてはいけないのです。それと同様に、なるべく個人情報を教えることは控えるようにしましょう。

デキる男は携帯は二台持ちが基本です

住所を教えてはいけない、割り切った関係を築くには絶対に意識しなくてはいけません。もう一つコツとして挙げられるのは「携帯は二台使用する」ことです。ひとつは本命のプライベート用、もうひとつは遊び用として使い分けるようにしましょう。

前者については普段から日常的に使っているあなた自身の大切な連絡手段です。これは絶対に割り切ると決めた女性に教えてはいけません。知られてしまうと、もしストーカー行為をされた時に番号を変えるはめになりますし、メインで使っているため知り合い全員に連絡先を回さないといけなくなります。かなりの労力がかかりますのでメインナンバーは教えてはいけないのです。

逆に遊び用の携帯ならばどんな子に教えたって構いません。むしろ気軽にバンバン連絡先を交換してチャンスを広げていきましょう。もし何か不都合が起きても、サブの電話ですから番号なんてなんの未練もなくスパッと変更できますよね。デキる男は必ず携帯二台持ち、これを覚えておきましょう。

適度なウソが逆にプラスに働いてくれることもある

住所を教えない、携帯を二台持っている…勘の良い女性ならば「こいつ遊び人だな」と思うかもしれません。そう勘ぐられてしまうと割り切った関係になるチャンスがちょっとだけ減ってしまいます。もし女性が勘の良い女性であるならば、最もらしいウソをついてみましょう。

たとえば、住所を教えないのは「仮住まいで引っ越す予定があるから」とか「社宅で住所は社外秘になっている」という切り抜け方があります。携帯の場合は「こっち(メイン)は仕事用でこれ(遊び用)がプライベート用なんだ」といえばわりと簡単に納得してくれます。実際に仕事のできるビジネスマンは携帯を二台、三台と使い分けているものです。「きっとエリートなんだな」なんてプラスに考えてくれる可能性もありますので嘘も方便、ついてみるものだといえるでしょう。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.