がっつきすぎはNG!

せっかく理想の女性と出会えたとしても、対応の仕方を間違えればチャンスをムダにしてしまいます。特に最初から必死すぎる姿勢を見せるのはNGです。

必死な様子は、相手をドン引きさせてしまう

男性でも女性でも、初対面からガツガツした印象を与えてしまうと相手が引いてしまいます。「こいつ、この出会いに命かけてるな!」と感じると、怖くなってしまうからです。 たとえ出会いを前提とした合コンやカップリングパーティだとしても、「ちょっと来てみました」というような余裕を醸し出したほうが、相手の目にはむしろ魅力的に映ります。

特に男性が理想的な女性と出会った場合、何としても逃したくないと思うあまりに、連絡先をしつこく聞いてしまったりすることがあります。しかしたとえ心の中では焦っていたとしても、それをストレートに表面に出すのは控えたほうが無難でしょう。

美人であればあるほど、がっついた姿勢はNG!

多くの女性は、肉食すぎる男性には本能的に恐怖を感じます。どんなに口では「私、肉食系男子が好きなんです」と言っていても、実際にガツガツ来られると「このまま襲われてしまうのでは?」と不安になってしまうものなのです。

特に見た目が美しい女性の場合、男性に追いかけられることには慣れていますし、そのせいで怖い思いをした経験も多かったりします。ですから美人であればあるほど、近づき方には慎重になる必要があるのです。

「自分は無害ですよ」というアピールをするためにも、まずは「人間としてあなたに興味があります」という姿勢を見せるようにしましょう。美人の多くは、自分の見た目に男性が惹かれることに慣れてしまっていますので、逆に内面を重視してくれる紳士的な男性には安心して心を開けたりするのです。 くれぐれも、いきなり獰猛なオスの顔を見せないように気をつけてください。

まずは相手の話に共感することから始めよう

また「女性は男性と比べて、ゆっくり好きになる生き物」だということも覚えておきましょう。男性は視覚から恋に落ちる傾向が強いため、一目ぼれしやすいのですが、女性はある程度相手を知ってから好きになる人が多いのです。

ですからまずは連絡先の交換に漕ぎ着けることを第一目標として、その後はゆっくりと距離を縮めていきましょう。ガツガツしすぎず、相手の話を聞くことに集中して、とにかく彼女の話に共感してあげることが大切です。 「この人は私のこと分かってくれる」と女性が思ったら、落ちるのは時間の問題かもしれません。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.