SNSに出会いの網を仕掛けよう

出会い系サイトのみならず、今はさまざまなSNSで異性と知り合う人も増えています。あまりガツガツしすぎるのも問題ですが、明るく手広く網を仕掛けるためには非常に役立つツールです。

出会いもSNSの時代

Facebookやmixi、GREE、モバゲー、Twitterなどなど、今はSNSの時代といっても過言ではありません。誰でも1つはアカウントを持っているのではないでしょうか?

サイトの活用方法は人によってさまざまですが、中には「いい人と出会えたらいいな」と思っている女性も実際たくさんいます。そうでない女性は自分のページに公開制限をもうけていたり、「出会いは求めていません」というメッセージを発信していたりしますので、ある意味では分かりやすいかもしれません。

実際、SNSで出会ってお付き合いや結婚に発展しているカップルは、ここ数年で急増しているといわれます。ぜひいくつかのSNSに登録し、手広く網を仕掛けておきましょう。

自分のページを充実させよう

SNSで出会いを求めるなら、何はなくとも玄関口である自分のプロフを充実させることが肝心です。女性たちはそのページを見て、あなたがどういう男性かを判断するのですから、決して手を抜けません。 できるだけ詳しく、しかしナルシシズムに走らないよう、誰が見ても分かりやすい内容にしましょう。 もちろん日記などのコンテンツを更新することも大切です。それも仕事の愚痴や突っ込んだ話はやめて、無難で明るい内容にとどめたほうがいいでしょう。 なるべく画像つきで、笑える投稿や、行ったお店の紹介、穴場スポット情報などを発信すると、女性からのコメントがつきやすいはずです。 また自分の趣味に合ったコミュニティに参加し、そこで発言することも基本になります。同じ趣味を介した仲間とは自然と親しくなれますので、頃合いを見計らって個人的に連絡をとってみるといいでしょう。

「数撃ちゃ当たる」が、SNSの出会いの基本

SNSでは、受け身の姿勢でいては出会いを得られません。やるなら覚悟を決め、手当たり次第に網を張ることも大切です。

たとえば女性にメッセージを送るのも、1人や2人に送って返事が来なかったくらいで落ち込んでいてはお話になりません。「返事は来なくて当たり前」と思って送るのが基本です。 そこは獰猛なハンターになるべきでしょう。

また返事が届いたら大げさなくらいに喜び、まずは何でもいいから「つながり」を持つことが大切です。最初は望みの薄い感じでも、つながっていさえすれば、いつかそれが立派な縁になることもあります。 SNSではそういった「薄い縁」をたくさんつなげて、出会いの可能性を上げることが大切なのです。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.