不倫は「やめどき」が肝心

既婚男性が割り切った関係を楽しむためには、「やめどき」を見極めることも大切です。これに失敗してダラダラと泥沼にハマってしまうと、家庭が崩壊するリスクが高まるでしょう。

「不倫は永遠に続かない」ことを知る

どんなに理想的な女性と出会えたとしても、不倫である以上は一時的な関係に過ぎません。一生こっそりと付き合うことは、まず不可能と心得ておきましょう。

もちろん妻にすっかり愛想を尽かしていて、いずれ愛人と一緒になることを考える男性もいないとは言い切れませんが、そんな前向きな不倫は全体のごく一部です。また最初のころはそれを夢見ていたとしても、途中で別れがやってきてしまうケースのほうが残念ながら多いでしょう。

ケンカが増えてきたら、別れのサイン

ですから「この関係はいずれ終わるのだ」ということを最初から理解し、適当なところで切り上げることが大切です。「お互いに飽きてきた」というのがもっとも分かりやすいきっかけですが、「ケンカが増えてきた」というのも1つの目安になります。

最初は気軽に始めた関係でも、いつしか相手が本気になってしまうことはよくあります。それは相手が独身でも人妻でも同じです。特に女性は、男性と比べて「ある程度付き合ううちに本気になっていく」ことが多いですので、最初はクールな感じがしても、いつどうなるか分かりません。

2人の関係のことでもめ事が増えてきたら、そろそろ別れのサインと考えたほうが無難です。それ以上ムリに続けてしまうと、いずれ相手がおかしくなり始めて、家庭が崩壊する危険性もあるでしょう。

別れの際は、感情よりも理性を優先させて

もちろん相手の女性が魅力的であればあるほど、別れを決意するのは難しいものです。実際多くの男性が「もったいないから」という理由で、泥沼になり始めた不倫から足を洗えないでいます。

しかしここで踏ん切りをつけないと、取り返しのつかないことになる可能性があります。男性でも女性でも、恋に狂った人間のやることは常軌を逸していますので、思わぬ災難が降りかかることだってあるのです。 実際、「家庭や職場に愛人が乗り込んできた」という苦い経験を持つ男性はたくさんいます。

どんなにもったいなくても、「これ以上自分は相手に対して責任を負えない」と感じたなら、感情よりも理性を優先させて、きっぱり終止符を打つようにしてください。そのほうが結果的に、相手のためでもあるのです。

特に相手が独身女性の場合、早めに別れたほうが、彼女も婚期を逃さずに済む可能性があります。ダラダラと未来のない関係を続けるより、心を鬼にして別れを告げましょう。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.