怖い話の体験談

ネット上で、出会い系サイトで起こった怖い話といったテーマの体験談を見かけたことはありませんか?中にはこれを単なる都市伝説として片づけてしまっている人もいるかもしれません。 もちろん、中には単に人を怖がらせるためにおもしろおかしく話を創作していることもあるでしょう。ですが、中には実話も混ざっています。また、実際に起こったことを誇張しているだけのケースだってあります。 出会い系サイトはとても便利な反面、恐ろしい一面も持っています。

美人局に逢った話

ある既婚男性が出会い系サイトでとても若くて好みの女性と出会いました。彼女もすぐに男性を気に入ったようで、そのままホテルへ向かうことになりました。 二人はとても充実したセックスを楽しみ、ホテルを出る段階になって彼女は突然学生証を男性につきつけました。彼女はまだ17歳の高校生でした。 彼女は突然冷たい表情になり、男性に対して多額の金銭を要求してきました。払えないのなら警察に行くと言います。 もちろん、恐喝として訴えることはできますが、17歳の女の子とセックスをしたことは事実です。事前に相手の年齢の確認をしたわけでもありません。社会的な立場や家庭のことを考えると、支払わざるを得ませんでした。

突然女性がストーカー化?

風俗通いに飽きてしまった男性が、ちょっとだけ素人の子と遊びたくなって出会い系サイトを通して女の子と出会いました。 結構好みのタイプで話もすんなり進んでその日の内に肉体関係を持ちました。連絡先の交換もして男性はセフレをゲットできた!と喜びました。 しかし、彼女はもう恋人になった気分でした。その日から、男性の携帯には毎日、何度も彼女からの着信がありました。最初はそんなやりとりを楽しむこともできましたが、あまりにも回数が多いので距離を置くことにしました。 すると、彼女は自宅まで訪ねてくるようになりました。さすがに怖くなってしまった男性ははっきりと、もう会えないと伝えました。 これで終わったと安心したのもつかの間、毎晩のようにドアがノックされたり職場への無言電話が繰り返しかかってきたりするようになりました。 男性には家庭があったわけでも特定の恋人がいたわけでもありませんでしたので、実害はあまりありませんでしたが、恐怖のあまり眠れない日々が続きました。

これは出会い系サイト利用者の身に実際に起こった話です。どちらのパターンも、事前に年齢や、求めている関係を明確にしていなかったことで起こったトラブルです。 意識していればほとんどのトラブルは避けることができます。出会い系サイト利用の際には決して油断はしないようにしましょう。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.