噂話を利用する

出会い系サイトが普及しはじめてから、もう十数年が経ちます。その間さまざまな噂話が飛び交ってきました。 中には利用者を震え上がらせるような恐ろしい噂話も存在しており、これは都市伝説として現在もさまざまな場面で語られています。

噂話はどうやって広まるの?

噂話には実話を元にあらゆる方面に誇張されて作られたものや、ジョーク風のちょっと笑えるものまで多く存在しています。 かつて、こういった話はいろんな人同士の会話を通じて広がって行くのが一般的でした。しかし、ネットが普及したことにより、ブログやツイッター掲示板などを利用すれば誰でも簡単に情報の発信者になることができるようになっています。現代では、このネットを通じて噂話は広まって行きます。

噂話の真偽

しかし、ネット社会は同時にこうした噂話を広めにくくしてしまうこともあります。いわゆる完全な作り話系の噂の場合、ネットでちょっと調べればそれがつくりものであることがすぐにバレてしまいます。ですので、あまりにも極端な噂話は姿を消してしまい、リアルな実話系のものか、完全なジョーク系のものだけが広まっています。

出会い系サイトの噂話

出会い系サイトの噂話の中でも、利用者にもっとも恐れられたのが病気に関するものです。たとえば「HIV感染者が自棄になって出会い系サイトを利用して感染を広めようとしている」といった形のものです。実際にこの噂話はさまざまな物語を付加されてネット掲示板や、チェーンメールなどによって現在も語られています。 こういった噂話は真偽の確認が難しいため、利用者の恐怖を煽ります。

どうしてこういった噂話が流れるのか

人の心の奥底にある不安や恐怖を利用した噂話は、急速に広まって行きます。前述の病気に関するものがその良い例です。 出会い系サイトのメリットは見知らぬ人と簡単に出会うことができるという点です。しかし、誰もが心の奥では見知らぬ人と接することに対して不安や恐怖を抱いています。 恐ろしい噂話の多くはこういった心理をつく形で作られ、流されます。

無視せず、踊らされず

このような噂話はまったく無意味なものであるわけではありません。恐怖を感じることで、相手を慎重に選ぶようになれますし、冷静になることができます。 しかし、あまりに恐怖にとらわれ過ぎていると、せっかくの出会いのチャンスを失ってしまうことになるでしょう。 こういった噂話は決して無視することはできません。しかしすべてを鵜呑みにして踊らされ過ぎても損をしてしまいます。上手にこういった噂話と付き合って行くべきです。

出会い系サイトのように、急速に人気の高まったコンテンツにはさまざまな噂話がつきものです。上手にこれらと付き合うことができれば、もっと出会い系サイトを有効に楽しく利用することができるのではないでしょうか。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.