トラブル体験談~目的が一致していないと…

出会い系サイトを利用すれば簡単に女の子と出会うことができてしまいます。しかし、お互いの目的が一致していなければトラブルを呼んでしまいます。これはそんな男性の体験談です。

出会い系サイトを利用すれば、素人の子と気軽に遊ぶことができます。しかし、その前にしっかりと目的をはっきりさせておかなければ、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。 しっかりと目的を把握していなくても、なんとなく女の子にアプローチをかけているだけで、実際に会って関係を持つこともできてしまいます。 しかし、自分は遊びのつもりで会ったのに、相手は真剣な出会いを求めていた、となればトラブルになってしまいます。相手を傷つけてしまうことになりますし、最悪の場合ストーカー化してしまう…なんてこともあり得ない話ではありません。 こういったトラブルを避けるためにも、お互いに目的が一致した相手を探すことはとても重要なことです。

出会い系のトラブル体験談

ある既婚男性が風俗遊びのような感覚で、出会い系サイトに登録して女の子と出会いました。お互いにすぐに気に入り、その日のうちにホテルで関係を持ってしまいました。 男性はその場限りの関係のつもりでしたので、既婚者であることを黙っていました。また、あわよくばセフレにしてしまおう、という考えから連絡先の交換までしてしまいました。 しかし、女の子側は真剣な出会いを求めており、その男性に本気になってしまいました。 最初のうちは男性も女の子の気持ちに気付かず、セフレ感覚で適当に会ってはセックスをしていました。しかし、次第に女の子が生活の中にも干渉してくるようになりました。仕事帰りに会うことを求めて、会社の近くで待っていたり、夜中に電話が鳴ることもありました。

女の子からしてみれば、「恋人」という感覚ですので当然のことだと考えていました。 男性側は戸惑い始めます。しかし、都合の良いセフレを手放すのも惜しいと思い、この関係をだらだらと続けてしまいます。 しかし、あまりにも干渉が激しくなってきたため、自分は既婚者であり遊びであったことを彼女に告げました。 激昂した彼女は、男性の自宅へ走りすべてを家族に話してしまいました。 この先は言うまでもありませんね。結局、男性はちょっとした遊びで家庭を崩壊させてしまいました。

この男性の失敗は、最初から目的をはっきりとさせていなかったこと、そして早い段階で関係を断つことができなかったことでしょう。 もし、最初から目的をはっきりさせていれば、しっかりと遊びにふさわしい相手に出会うことができていたでしょう。そして、早い段階で関係を断っていれば、女性を傷つけ、このような行動に走らせることはなかったはずです。 しっかりと自分の目的を把握し、明確にしておかなければほんの遊びのつもりであっても大きな代償を払うことになってしまいます。

Copyright© 2013 出会いの場を上手に活用 All Rights Reserved.